いまが未来を決める!ホットヨガと水分の関係

温度と湿度の高いスタジオでおこなうホットヨガは、筋肉が運動開始後からすぐに活動できるので素早く水分を体の外に出すことができて、むくみ解消やダイエットに最適です。
MENU

いまが未来を決める!ホットヨガと水分の関係

ホットヨガでリフレッシュ

ホットヨガは通常室温が38度から39度、湿度が55〜65パーセントに調整されたスタジオでおこないます。部屋に入るとすぐに暑いと感じ、筋肉の緊張がほどけて体が柔らかくなっているのを感じることができます。この状態で体を動かすのですぐに汗をかいて水分や老廃物が体外に排出されるので、終了後はすっきり体がかるくなってむくみが取れ、デトックス効果もあります。効率よく毒素を出すために、運動の前後にはしっかり水分補給をすることも大切です。短時間で汗をかくのでリフレッシュできてストレス解消にも効果があります。

 

ホットヨガの元祖ビクラムヨガ

ビクラムヨガは温度が40度以上のかなり高温のスタジオで行うもので、ホットヨガの元祖と言われていて、セレブや芸能人をはじめ世界中の人に親しまれているスタイルです。東銀座駅からすぐのビクラムヨガ銀座店は出勤や通学前の朝の時間や、帰宅前の夜遅い時間帯でもホットヨガをおこなうことができるので一日の始めに気合いを入れたり、その日の仕上げやストレス解消に活用できます。一日中仕事をしていてむくんでしまった脚も運動で汗をかくことですっきりして、続けていれば美脚効果を得られます。ホットヨガを体内の水分調節に役立てましょう。

 

このページの先頭へ