運動の基準を変える!ホットヨガをやるときの湿度

ホットヨガは部屋の温度だけでなく湿度も調整して、人間の筋肉が最も柔らかくなる環境で行います。そのため筋肉を無理に伸ばしたりすることがなく、負担のない運動ができます。
MENU

運動の基準を変える!ホットヨガをやるときの湿度

ホットヨガに適した湿度とは

ホットヨガは通常38度から39度くらいの高い室温のスタジオで行います。しかし、室温を上げただけでは人間の体がスムーズに動ける環境を作ることはできません。空気が乾燥していると肌がカサカサになってしまい、湿りすぎていると大量の汗をかいたり吐き気や頭痛などに襲われることもあります。人間の筋肉が最も柔らかくなるには55から65パーセントの湿度がふさわしいと言われているので、ホットヨガのスタジオもそのように設定されています。最初から筋肉がリラックスした状態で始められるので体に負担がありません。

 

体に優しいエクササイズ

銀座駅から徒歩1分のゼロヨガ銀座店は初心者から上級者まで誰でも楽しめるレッスンを展開しています。心を落ち着ける瞑想や骨盤、肩甲骨などのメンテナンス、岩盤浴で使用されている岩盤の上で行うヨガなど様々なコースがあり、湿度や温度が最適な環境でゆったりと体を動かして心と体をリフレッシュできます。若者から高齢者まで誰でも行うことができて、特別な準備もいらないのでお買い物のついでやちょっと気分転換をしたいときにも便利に利用できます。激しい運動は無理でも体に優しいホットヨガなら気軽に始めることができます。

 

 

このページの先頭へ